よくある質問

使用中に稀に保存パネルが操作できないとき

「名前」入力欄の右にあるボタン(赤丸の部分)をクリックしてみてください。パネルが操作できるようになります。

Click in the Red Circle

PDF書き出し や プリント の際に ヘッダ/フッタ を取り除きたい

ページ設定 から指定できます。

  1. 「ファイル」メニューから「ページ設定...」を選択
  2. ページ設定パネルの「設定」から「Tree」を選択
  3. 「一般」をクリックし、一般タブを表示
  4. 「ヘッダとフッタをプリント」のチェックボックスをオフ
  5. パネル右下の「OK」ボタンをクリック

アプリケーション起動時に、前回開いていた書類を開く

Treeを起動したときに、前回のTree終了時に開いていた書類を開くように設定できます。前回の終了時に、開いていた書類が無かった場合には、通常通り、新しい書類を開きます。

  1. メニューバーの"Tree"から"環境設定..."を選択します。
  2. 環境設定パネル上から"一般"をクリック。
  3. "前回の終了時に開いていた書類を開く"をチェックして、OKボタンを押してパネルを閉じます。
    * Mac OS X 10.7 Lion 以降の 再開/Resume 機能 に対応しています。そのため、このオプションは表示しておりません。

項目テキスト編集中のdeleteキーの挙動を選択

項目テキストを全て削除した後、deleteキーを押しても項目ごと削除しないようにしたい場合には、環境設定より選択できます。

  1. メニューバーの"Tree"から"環境設定..."を選択します。
  2. 環境設定パネル上から"一般"をクリック。
  3. 項目テキスト編集中から"項目の内容が空の場合、deleteキーで項目を削除"のチェックをはずし、OKボタンを押してパネルを閉じます。

ツリー表示をプリントすると字が細かすぎる

  1. 印刷したい書類を開き、メニューバーの"ファイル"から"ページ設定..."を選択します。
  2. 設定から"Tree"を選択します。
  3. "ツリー表示"を選択後、"書類の幅をページの幅に合わせる"を選択すると、幅を合わせながら複数のページに分けて印刷することができます。

tabキーで項目のインデント操作

キーボードのtabキーで項目を下位へ(tab)/項目を上位へ(shift-tab)の操作をすることができます。

  1. メニューバーの"Tree"から"環境設定..."を選択します。
  2. 環境設定パネル上から"一般"をクリック。
  3. "tabキーで項目を下位へ/上位へ"にチェックをいれ、OKボタンを押してパネルを閉じます。

リターンキーで改行を入力するようにしたい

項目テキストを編集しているときに、returnキーを押すと、「すぐ下に新しい項目が追加」されます。この挙動を「項目テキスト内で改行を入力する」ように変更したい場合には、

  1. メニューバーの"Tree"から"環境設定..."を選択します。
  2. 環境設定パネル上から"一般"をクリック。
  3. 項目テキスト編集中から"returnキーで改行を入力"にチェックをいれ、OKボタンを押してパネルを閉じます。

項目テキストに改行を入力したい

リターンキーで改行するように設定していない場合、項目のテキストを編集している際に、改行を入力したいときには、"optionキー"を押しながら、"returnキー"を押します。

プリントするタイトルをファイル名とは別に指定したい

タイトルを指定していないときには、プリントするとファイル名が用紙の左上に印刷されます。ファイル名ではなく、プロジェクト名などに変更したい場合には、

  1. メニューバーの"ファイル"から"書類のプロパティ..."を選択します。
  2. 表示されるシートにタイトルを入力し、OKボタンを押すとタイトルが指定できます。

次回以降プリントする際には、指定したタイトルが印刷されます。

項目テキストの編集を抜けたい

項目のテキストを編集している際に、編集した内容を確定させて、その項目を選択しただけの状態にしたいときがあります。

項目の選択を解除したい

何も選択しない状態にしたいときには、

その後、矢印キーを押すと選択を復帰し、最後に選択した項目を選択した状態に戻ります。

ご質問、ご要望があるときには

その他、ご質問、ご要望を、ぜひ、およせください。

ご連絡いただく際のメールアドレス、氏名またはハンドルネームは、頂いたご連絡への回答、返信に使用します。